tel

HAPPY LIFE Vol.1

憧れの東京生活の叶え方

通勤ストレス&金欠を解消!!

ラッシュアワーでイライラ、仕事でヘトヘト、貯金もない……。
「それでも、都心に住みたい!」という人は必見!
憧れのライフスタイルを手に入れるには、お部屋選びに秘訣があったんです。
今回は、そのポイントに迫ってみたいと思います。

通勤疲れで、ストレスMax!お金が貯まらないそのワケは!? 通勤疲れで、ストレスMax!お金が貯まらないそのワケは!?

都内に職場があり、東京近郊に住んでいる女性の天敵である「通勤疲れ」。
朝のラッシュアワーで混雑した車内では、リラックスすることもできず、時間の有効活用もむずかしいですよね。
20~30代の働く女性500名を対象に取ったアンケートによると、東京近郊に住んでいる女性は、通勤時に「年間91万円」分のストレスがかかっているのだとか(@DIMEより一部抜粋)。
そんなストレスを解消するために、休日、ついついプチ贅沢してしまうなんて経験、ありませんか?ちょっとしたムダ遣いも、ストレスによるダメージも、ちりと積もれば山となり、お金が一向に貯まらなくなってしまうのです。
仕事と通勤で疲れ果てているので、スキルアップのための勉強や、自分磨きにかけるエネルギーもありませんよね。
本当は、朝ヨガをしたり、メイクを楽しんだり、ちょっと凝った朝食を摂ったりと、いろいろやりたいことがあるのに何もできない……。そんなモヤモヤした気持ちを抱えながら、変わらない毎日に対して、ため息をついてしまう人も多いのではないでしょうか。

憧れの一人暮らしは、月にどれくらいお金が必要!? 憧れの一人暮らしは、月にどれくらいお金が必要!?

では、実際に都心の近くで一人暮らしをするとしたら、月に一体どれくらいのお金がかかるのでしょうか?右記に一つの例をシュミレーションしてみました。
一般的に、無理なく一人暮らしをするなら、「月収の1/3」が妥当な家賃の金額と言われています。
右記のシミュレーションからもわかるとおり、出費全体に対して家賃が占める割合は、どうしても高くなってしまうのがツライところ!
自炊やお弁当を持参するなど、頑張って食費を節約しても、実家暮らしと同じように買い物や趣味を楽しむのは、なかなかむずかしいかも知れませんね。

リーズナブルな家賃で、都心近くに住む方法を教えて! リーズナブルな家賃で、都心近くに住む方法を教えて!

そうはいっても、「長時間の通勤ストレスから解放されたいし、多くの女性が憧れる東京で一人暮らしをしてみたい!」と思う人は多いはず。そこで、家賃を安く抑える方法を3つ、メリット・デメリットと共にご紹介します。

  • 1.家賃が安いエリアを選ぶ!

    メリット

    家賃が安いので、趣味や買い物、飲み会などへお金をかけられる。

    デメリット

    通勤時間がいまとあまり変わらず、場所によっては治安面で不安。

  • 2.家賃の値下げ交渉をしてみる!

    メリット

    家賃が相場と比べて高く、借り手が少ない時期は、交渉しやすい傾向アリ。

    デメリット

    交渉が苦手な人には、ハードルが高く感じられるのが難点。

  • 3.シェアハウスに住む!

    メリット

    家賃が節約でき、一人暮らしの不安や孤独感がなく、安心。

    デメリット

    男女共同だと、下着を干す時や部屋着など、男性の視線が気になることも。

いま話題の「女子限定」シェアハウスってどんな感じ!? いま話題の「女子限定」シェアハウスってどんな感じ!?

雑誌やドラマなどでも注目を集め、新たな居住スタイルとして人気のあるシェアハウス。なかでも「女性限定」のシェアハウスは、外装、内装ともにオシャレだったり、かわいかったりと、自分の個性に合った物件を選べます。
気になる家賃は、都心へアクセスしやすい立地ながら、45,000円からとリーズナブル!引っ越しの際、「敷金・礼金・不動産手数料・保証人」が不要なのも、うれしいポイントですね。
また、シェアハウスのトラブルとしてたまに聞かれる、恋愛がらみのトラブルに巻き込まれることもありません。男女共同生活に抵抗がある人には、女性限定のシェアハウスがイチオシです!
自分の夢を叶えたい人や、東京で「理想の自分」を見つけたいと思っている人は、女性限定のシェアハウスを扱う”ハナサカス“を選んでみては? がんばる女性を応援するハナサカスでは、栄養士、保育士、事務職、アパレル店員、美容師などなど、様々なフィールドで夢を追いかけるルームメイトと交流できますよ!もしかしたら、そこで一生モノの友達ができるかも知れません。

本当の私に出会える、憧れの一人暮らしがスタート! 本当の私に出会える、憧れの一人暮らしがスタート!

ハナサカスを利用し、東京で暮らしている女性にインタビューしたところ、憧れていた都内での一人暮らしは、とても充実している様子。
今までずっとやりたかったことが、やっとできるようになり、それが何よりもうれしいそうです。
通勤時間もグッと短くなり、プライベートタイムが増えた結果、気分がアガる部屋での資格取得の勉強もはかどり、最近ではヨガ教室にも通い始めたとか。
あなたもシェアハウスから、夢への第一歩を踏み出してみませんか?